蜂の子の効果効能

蜂の子は不眠を改善して快眠へと導く!

蜂の子は、不眠を予防、改善し、睡眠の質を高めて快眠へ導く効果があります。
ここでは、蜂の子のどのような成分が不眠を予防、改善し、快眠へ導くのかを説明します。

不眠とは?

不眠とは、寝つきが悪い、寝てもすぐに目が覚める、夜中に何度も起きる、眠りが浅い、朝早く目が覚めてしまう、などの状態が続いて、日常生活に支障が出たり、体調が悪くなったりする状態です。

不眠の原因

不眠の原因は、大きく分けて3つあります。

その他にも、アルコール、カフェインの摂取、服用している薬、時差ボケや昼夜逆転による生活リズムの乱れが不眠の原因となります。

蜂の子には、不眠を予防、改善する効果がある成分が含まれています。

不眠の予防、改善に効果がある蜂の子の成分

トリプトファン

必須アミノ酸のトリプトファンは、神経伝達物質(脳の細胞間の情報の伝達を速める物質)のひとつのセロトニンの材料になります。

セロトニンは、「しあわせホルモン」とも呼ばれ、精神を安定させて心を落ち着かせる働きがあるので、寝つきをよくし、さらに体内時計を整える働きがあります。

神経ホルモンの一種で「睡眠ホルモン」とも呼ばれているメラトニンは、このセロトニンを材料にしてつくられます。
メラトニンが分泌されると、副交感神経(リラックスするときに働く神経)が優位になり、脳が寝る時間だと判断して眠りにつきやすくなります。

セロトニンが体内時計を整えると、決まった時間にメラトニンが分泌されるので、快適に入眠しやすくなります。

トリプトファンは、睡眠に大きな影響を与えるセロトニンとメラトニンの生成に必要な成分です。

メチオニン、フェニルアラニン

必須アミノ酸のメチオニンとフェニルアラニンは、上記の不眠の解消に効果が大きいセロトニンの材料になります。

グリシン

非必須アミノ酸のグリシンは、身体の末梢(端、先端)の血流を良くする働きがあります。
身体の末梢の血流がよくなると、反対に身体の深部の温度が下がり、眠くなることが判明しています。

また、グリシンは、レム睡眠(脳は働いている状態の浅い眠り)とノンレム睡眠(脳も休んでいる深い眠り)のリズムを整えて、質のよい睡眠をもたらします。

さらにグリシンは、セロトニンの増加を促す働きもあります。

グリシンは、身体の深部の温度を下げて眠りに導き、質のよい睡眠をもたらすので、不眠を解消し、快眠へと導く大きな効果があります。

ナイアシン(ビタミンB3)

ビタミンB群のひとつのナイアシンは、血行をよくして身体の深部の体温を下げ、睡眠へと導く働きがあります。

また、ナイアシンはセロトニンの合成に深く関わっています。

セロトニンの材料のトリプトファンは、ナイアシンの材料にもなります。
ナイアシンが不足すると、セロトニンの材料のトリプトファンとビタミンB6などが揃(そろ)っても、ナイアシンが優先して合成されるので、セロトニンは増えません。

さらに、ナイアシンはレム睡眠とノンレム睡眠のリズムを整える働きもあります。

カルシウム、マグネシウム

ミネラルのカルシウムは、イライラを抑えて、こころを落ち着かせる働きがあります。
また、同じくミネラルのマグネシウムは、神経を休め、こわばった筋肉をほぐして身体をリラックスさせて入眠しやすくする働きがあります。

また、マグネシウムはセロトニンを作るのに必要な物質のひとつです。

さらに、マグネシウムは、カルシウムの吸収を高める働きがあります。
マグネシウムとカルシウムは、同時に摂取すると相乗効果があり、より効果がでる割合はマグネシウム1に対してカルシウム2です。

亜鉛

ミネラルの亜鉛は、脳が休んで熟睡感を得るノンレム睡眠の時間を2倍にすることがマウスによる実験で判明しています。
また、天然の色素のアスタキサンチンと同時に摂取すると、ノンレム睡眠の時間がさらに長くなることも判明しています。

おわりに

蜂の子には、上記の成分に加え、不快な音がするので不眠の原因のひとつとなる耳鳴りを予防、改善する効果がある、ビタミンB1やパントテン酸、カロチンも含まれています。さらに、蜂の子には体内時計を整えて、睡眠の質を高める効果が高いメラトニンを生成するトリプトファンが含まれています。しかし、スマートフォンやLEDライトが発するブルーライトは、体内時計を乱し、メラトニンの分泌を抑制するため、寝る前にスマートフォンなどを扱うと、蜂の子の効果が妨げられる場合があるので、注意が必要です。

ページのトップへ戻る