蜂の子の効果効能

蜂の子はストレスを和らげる効果がある!

蜂の子にはストレスを予防、改善に効果があります。
ここでは、蜂の子に含まれているどのような成分がストレスの予防、改善に効果があるのかを説明します。

ストレスとは?

ストレスとは、外部からのさまざまな刺激より起こる心や体の反応のことです。

ストレスは、イヤだ、悲しい、と感じる刺激だけではなく、嬉しい、楽しいと感じる刺激にも発生しています。
しかし、一般的には、喜怒哀楽のうち、怒や哀の感情により心や身体が不調になることをストレスといいます。

蜂の子には、ストレスを予防改善する効果が多く含まれています。

ストレスの予防、改善に効果がある蜂の子の成分

トリプトファン

必須アミノ酸のトリプトファンは、精神を安定させる作用やストレスを軽減する作用がある神経伝達物質(脳の細胞の間で情報を早く伝達するために働く物資)のセロトニンの材料となります。

セロトニンは、痛みを抑える作用もあるので、セロトニンは、痛みによるストレスも軽減する効果があります。

また、セロトニンは、体内時計を調整して決まった時間に眠くなるなど、不眠の予防、改善に効果があるメラトニンの材料にもなります。

トリプトファンは、セロトニンとメラトニンの材料になるので、精神を安定させたり、痛みを軽減したり、
質のいい睡眠に導いたりしてストレスを予防、改善します。

メチオニン

必須アミノ酸のメチオニンは、トリプトファンと同じくセロトニンの材料となります。

また、不足すると気力や意欲が低下して鬱(うつ)の原因となることがあるノルアドレナリンや、快楽や気力、意欲をもたらすドーパミンの材料にもなります。

フェニルアラニン

必須アミノ酸のフェニルアラニンは、ノルアドレナリンやドーパミンの前駆体(その物質が生成さ
れる前の物質)です。
フェニルアラニンが不足すると、これらの物質を合成することができなくなり、意欲が低下したり、イライラしたり、不安を感じたりしてストレスを感じます。

リジン

必須アミノ酸のリジンは、アルギニンと同時に摂取すると、ストレスからくる不安をやわらげる効果があることが複数の研究の結果で発表されています。

グリシン

非必須アミノ酸のグリシンは、神経が興奮すると分泌されるドーパミンの分泌を抑えて、精神を安定させる効果があります。

チロシン

非必須アミノ酸のチロシンは、やる気や集中力を高める効果がある神経伝達物質のドーパミンや
ノルアドレナリンの材料になってストレスを軽減する働きがあります。

チロシンのストレス軽減効果についての実験では、チロシンを摂取した兵士は、軍隊の厳しい訓練で、摂取していない兵士よりもストレスに対する抵抗が強かったことが判明しています。

ビタミンB1

ビタミンB1は、ストレスを感じた時に活発に働く交感神経の働きを抑制して、身体をリラックスした状態にすることを助けます。

また、神経の働きをスムーズにして、イライラや憂鬱(ゆううつ)な気分を改善する効果があります。

パントテン酸(ビタミンB5)

パントテン酸は、ストレスをやわらげる効果がある副腎皮質ホルモンの働きを促進するので、「抗ストレスホルモン」とも呼ばれています。

ナイアシン(ビタミンB3)

ナイアシンは、神経伝達物質のセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンの材料となる物質です。

セロトニンは、精神を安定させることによってストレスを軽減し、ドーパミン、ノルアドレナリンは、やる気や集中力、意欲などを向上させてストレス軽減に役に立ちます。

カルシウム、マグネシウム

ミネラルのカルシウムとマグネシウムは、精神を安定させる働きがあり、イライラ、緊張、不安、などを抑えます。

また、カルシウムとマグネシウムは、同時に摂取するとより効果が高まり、その割合は2対1が理想的です。

亜鉛

ミネラルの一つの亜鉛は、ビタミンB6と同じように神経伝達物質の合成に必要な成分です。

また、亜鉛は精神を安定させる働きもあり、ストレスが発生すると亜鉛が消費されます。
亜鉛が不足すると鬱状態になったり、記憶力などの学習能力が低下してさらにストレスを感じる、という悪循環になったりします。

蜂の子のストレスに対する効果の研究

みつばち健康科学研究所の実験で、蜂の子を摂取する前と摂取した後に血液検査を行ったところ、蜂の子を摂取すると、ストレスを感じると増える副腎皮質ホルモンの「コルチゾール」の数値が下がったことが判明しています。

ですので、蜂の子にはストレスを予防、改善する効果があります。

まとめ

蜂の子には、ストレスを予防、改善する効果がある成分が豊富に含まれています。特に必須アミノ酸のトリプトファンは、精神を安定させて、こころをおだやかにするので、ストレス軽減に大きく貢献します。また、みつばち健康科学研究所の実験では、蜂の子を摂取すると、ストレスを感じると増える「コルチゾール」が減ることが判明しています。蜂の子は、栄養素が豊富で、身体の疲れも改善するのでストレスによるつらい症状がある人にお勧めします。

ページのトップへ戻る